西日本スポーツ〜スポーツ新聞 定期購読比較

西日本スポーツの定期購読

西日本スポーツの特徴

西日本スポーツ新聞は通称『ニシスポ』

 

九州地方でトップシェアを持つ西日本新聞社発行のスポーツ新聞です。

 

1955年2月21日、九州で初のスポーツ新聞として創刊し、九州各県のスポーツ情報の発信に力を入れています。
特に、福岡ソフトバンクホークス、アビスパ福岡、大分トリニータ、サガン鳥栖、ロアッソ熊本、ギラヴァンツ北九州

 

特に福岡ソフトバンクホークスの記事は、他にビッグニュースがあったとしても1面を飾るほど力を入れており、
「1面から3面まで…まるごとホークス!!」と銘打つほどです。

 

創刊当初は、福岡を本拠地としていた西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の報道が主体のスポーツ紙でした。

 

西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)のピッチャーだった稲尾和久の通称として広く知られている
『“神様・仏様・稲尾様』を最初に書いたのは西日本スポーツです。

 

西日本スポーツの定期購読について

 

配達可能地域

福岡県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県の全域
長崎県、鹿児島県の各一部(離島・県境地域の一部を除く)

 

定期購読料

新聞購読料  月3,160円

 

1週間の試読も可能です。

 

西日本スポーツの定期購読の詳細はこちら

 

西日本スポーツの定期購読関連エントリー

日刊スポーツ新聞
スポーツ新聞の中でも一番歴史の古いのが日刊スポーツです。宅配の定期購読が人気で読みやすい紙面で幅広い読者に人気があります。
東京スポーツ
東京スポーツは通称トウスポで親しまれる発行部数最大のスポーツ新聞です。夕刊紙の店頭販売でしたが、定期購読も可能になりました。
スポーツ報知の定期購読
スポーツ報知は読売ジャイアンツファン必見のスポーツ新聞です。正式名称は報知新聞。
スポーツ日本の定期購読
スポーツニッポンは発行部数120万部のスポーツ新聞です。通称スポニチで親しまれ、スポーツ新聞唯一の全国紙として創刊された歴史があります。
東京中日スポーツ
東京中日スポーツは首都圏を中心としたスポーツ新聞です。通称トーチューで親しまれ、中日ファンに人気です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
全国紙 ブロック紙 英字新聞 デジタル新聞 子供新聞 スポーツ新聞 専門紙