岩手日日新聞は岩手県南部と宮城県北部エリア 地方紙 東北

岩手日日新聞の購読

岩手日日新聞の特徴

岩手日日新聞、通称「いわにち」は岩手県南部地域の身近な話題を中心に、行政・政治からスポーツや連載企画など地域に密着した新聞です。

 

それぞれ地域の話題を盛り込んだ日刊紙を発行しているのが特徴です。
胆江地域は「岩手日日たんこう」、北上地域は「岩手日日きたかみ」、花巻地域は「岩手日日はなまき」のといった各地域版も発行しています。

 

岩手日報」、「岩手日日新聞」の二つは、岩手県の二大紙ともいえますが、八戸市から南は気仙沼市まで幅広い取材網、販売網を持つ岩手日報と比べると、
岩手日日新聞は、地盤である一関市を中心とした県南内陸部では強いといった方が良いでしょう。この、県南地域では大きなシェアを持っています。

 

「いわにちリビング」という岩手のフリーペーパーは、毎週土曜日に発行され、20〜60代の女性をターゲットにした暮らしの情報誌として新聞とは違う編集コンセプトで発行されています。メインの読者層は、。

 

岩手日日新聞の定期購読について

 

配達可能地域

 一関市、平泉町、藤沢町、奥州氏、金ヶ崎町、北上市、和賀地域、花巻市、稗貫地域

 

定期購読料

  • 購読料     月2,243円(朝刊) 
  • 郵送購読料  月3,623円(郵送料込み)

 

試読することも可能です

 10日から20日までの7日間

 

>>岩手日日新聞のご購読お申し込み<<

 

首都圏にお引越しの方は、こちらをどうぞ
>>東京新聞のご購読お申し込み<<

 

小学生のための新聞は朝日小学生新聞

岩手日日,新聞,定期,購読,比較,全国紙,地方紙,専門紙 入学試験に時事問題を出題する中学校は8割以上にのぼります。
「時事」は絶えず変化していくため、入試の時事問題対策については、
塾のテキストや参考書などでは十分にカバーしきれません。
そこで頼りになるのが、やはり「新聞」です。日々のニュースが正確に、
コンパクトに掲載されるため、時事問題対策には最適です。1日5分〜10分、
朝小に目を通す習慣が大きな力となります。

岩手日日新聞の購読関連エントリー

東奥日報の購読
東奥日報は東奥日報社の発行する青森県の地方新聞です。
岩手日報の購読
岩手日報は盛岡市に本社を置く岩手日報社が発行する、岩手県の日刊新聞です。
秋田魁新報の購読
秋田魁新報は秋田魁新報社の発行する地方新聞。東北地方では最も長い歴史を誇り、秋田県民のほとんどが購読。犬養毅が主筆を務めたことでも有名です。
山形新聞の購読
山形新聞は、山形県の地方新聞で、朝夕刊セット新聞です。形県内では通称山新(やましん)と親しまれています。
福島民報の購読
福島民報は福島県で一番の購読数を誇る地方新聞です。福島市にJRA福島競馬場がありますので、地方紙には珍しく競馬専門の記者がいる新聞です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
全国紙 ブロック紙 英字新聞 デジタル新聞 子供新聞 スポーツ新聞 専門紙